クラビットと同じ成分の市販薬を通販で買ってみた

cravit-top

クラビット(第一三共株式会社)

今回、病院に行かないともらえないクラミジア、膀胱炎の治療薬である「クラビット」を通販で買ってみたので、その過程で調べたこと、気づいたことをシェアしたいと思います。

私と同じように、クラミジアなどの治療薬がほしいけど、病院に行けない、行く時間がない、面倒くさいとなかなか病院に行けず気になっている人は、通販での購入を選択肢の一つとして検討するもアリだと思います。

levoflox

Levoflox(レボフロックス)(海外版クラビット)

------------------------------------

クラビットの個人輸入をやってみた

本来は病院でしか買えない薬を海外から買うことを個人輸入というそうです。

病院でもらえるクラミジア、膀胱炎の治療薬の「クラビット」は、日本では医師の処方箋がないと買えませんが、個人輸入を代行してくれる通販サイトを使えば、合法かつ安全に買うことができるようです。(こんな便利なお得な方法があるなんて調べるまで知りませんでした。)

口コミの数を見てみても、知ってる人はどんどん使っているサービスだったんですね。

こういった個人輸入は日本で認められていない精力増強剤やダイエットの薬は健康被害の実例があるみたいでちょっと怖いですが

クラビットに関しては、日本で承認されている薬と同じ成分の薬なので、安心して良いでしょう。

 

クラビットが買える通販会社は今回調べるまで名前を聞いたこともなかったですが、Amazonや楽天とは比べ物になりませんが、こういった処方箋医薬品の個人輸入代行の会社の中では、しっかりとした公式サイト、QA、運営実績、豊富な口コミがある、ベストケンコーとオランダ屋が2chの評判を見ても全く問題なさそうです。

クラビットの個人輸入を実際にやってみて分かったこと

今回、日本でクラミジア、膀胱炎の治療薬として一番多く処方されている「クラビット」を通販で買ってみました。

そして、私は色々と気になる性格なので、間違いなくコスパ最高で色々と問題のない通販サイトから「クラビット」が買えるように、色々「マジ」で調べました。

普通の人はせいぜい「クラビット 通販」や「クラビット 市販」で検索する程度でしょうが

  • 各商品の成分の特定
  • 同一成分の海外製品の特定
  • 通販サイトごとの価格比較

普通の人が「クラビット」を個人輸入するにあたって調べそうなことの実に、10倍、20倍の量の情報を精査し、クラビットの個人輸入マイスターといっても過言ではないほど、精通した上で、購入に踏切ました。

これ以降は、よくよく調べてみないと分からない、クラビットの個人輸入(通販購入)にあたってのチェックポイントをお伝えします。

1.名前でなく成分を確認、検索する

海外版クラビットを通販サイトで見てみると、名前もパッケージも全然違っていて驚きます。
「これ本当に、クラビットと同じ成分の薬なの?」と初めて買う時はすごーく気になります。「でも、大丈夫」日本のクラビットの成分は製薬会社がネットで見れるようにしているので、それと見比べれば日本のクラビットと同じ成分の薬か、簡単に判別できます。

【クラビットの成分】

cravit-component

→クラビットの成分表にはこのように「レボフロキサシン水和物」が主成分であると書いてあります。

【製薬会社の公式サイトPDFリンク】

第一三共株式会社)

このことから、「クラビット」と同じ成分の薬を買うなら、主成分が「レボフロキサシン水和物」となっている薬か確認してから買えば良いことが分かります。

なお、海外版のクラビットの成分表示は水和物が付いておらず、「レボフロキサシン」と書いてあるだけですが、同じものなので大丈夫です。

(実はここまでしなくても、通販サイトの商品紹介で、「日本ではクラビットという名前で販売されているものです。」と普通に書いてあるので、間違えようがないのですが・・・)

2.成分量が違うものがある

海外版のクラビットには、日本のクラビットと同じと通販サイトで紹介されていても、よく見ると若干成分量が違う(濃い)ものが多いです。

クラビットの1日の服用量は500mgが一般的なので、250mgなら1日2錠を服用します。

3.まとめ買いはお得

どの通販サイトでもまとめ買いはかなりお得です。私が「クラビット」を買ったベストケンコーでは、1箱なら4,180円ですが10箱まとめて買えば1個あたり2,238円と半額近い(46%OFF)までお得になりました。

4.原則送料無料

どの通販サイトも少し分かり辛いですが、こういった個人輸入の通販サイトは基本的に全国どこでも送料無料みたいでビックリです。

bestkenko

○ベストケンコー 該当ページリンク

orandaya

○オランダ屋 該当ページリンク

5.届くまでの時間はどの通販サイトもあんまり変わらない

個人的に、こういった薬を通販で買う最大のデメリットは、副作用どうこうではなく、時間がかかることだと思う。

発注から配送完了まで、7日~10日ぐらいはどこの通販サイトでもかかり、時間を短縮する方法は特にない。(Amazonのようなお急ぎ便はもちろんない)

6.疑問点はだいたい公式QAに載っている。

個人輸入はAmazonや楽天市場での購入とは色々と勝手が違うので、疑問や不安は色々と出て来るものですが、先に紹介した「ベストケンコー」や「オランダ屋」など、10年以上の実績のある大手通販サイトにおいては、かなり痒いところにまで手の届くQAサイトがあるので、読めばだいたい解決します。

7.一度も病院に行ってないなら、流石に行ったほうが良い

激務の社会人であるなど、どうしても病院に行けない場合を除き、最低一度は病院にかかった上でその薬を使うかどうか判断した方が良いと思います。

最後に(まとめ)

以上、病院に行かないともらえない「クラビット」と全く同じ成分の薬をできるだけ安く、安全な通販サイトから購入するために、私が調べた内容をお伝えしました。

ただ繰り返しになるが、病院に行けるなら行った方が良いと思う。どんなに忙しくでも、せめて一度ぐらいは医者に見てもらって、自分の症状にあった薬はどれかだけでも判断してもらうべきです。

こういった通販サイトを使った手法は裏ワザの部類であって、自己責任が伴うものなので、そこのところは忘れないようにしてほしい。

最後に、この記事を読んだ結果いかなる損害が生じたとしても一切関知しないことを付け加えておきます。

コメント